必要書類

| 未分類 |

自動車の廃車にあたっては、手続き上、陸運支局や自動車検査登録事務所の窓口に提出する必要書類をいくつか準備しなければなりません。こうした手続きを自動車の所有者本人が行うことももちろんできますが、初心者にとっては手順などがそれなりに複雑なため、カーディーラーや自動車解体工場などの業者に依頼するのが普通です。
このように、業者に依頼する場合については、廃車にしたい自動車の車検証と、本人の印鑑証明書が求められます。特に、印鑑証明書は市町村役場で3か月以内に発行されたものとなりますので、期限切れには注意を要します。また、本人が間違いなく依頼したことを証明するために委任状なども必要となりますが、その書式はカーディーラーなどが用意してくれますので、通常の場合は本人が署名して実印を押すだけで十分です。
廃車と同時に、自動車に関連した税金の課税を中止してもらったり、払いすぎている税金の還付を受けたりするための申請書もあわせて必要となりますが、これも書式が決まっていますので、ディーラーなどからもらい受けたものに印鑑を押せば足ります。
そのほか、結婚したなどの何らかの事情で苗字や現住所が昔と変わっているような場合には、本人の戸籍謄本などの別の書類が求められることもあります。