抹消の種類

| 未分類 |

乗っていた自動車を廃車にするという場合には、国土交通省の運輸支局または自動車検査登録事務所に出向いて抹消登録の手続きを行うことになります。この廃車にする際の登録には大きく分けると「永久」と「一時」の2つの種類が存在します。
「永久」のほうは、文字通り今後まったく対象となる自動車に乗る可能性がないという場合で、自動車を指定業者で解体処理するため、物理的にも運行は不可となります。
いっぽう、「一時」のほうは、主に海外転勤などで自動車を長期間乗る必要がなくなった場合などに用いるもので、ナンバープレートが運輸支局などに返還されるため、そのままの状態で公道を走行することは法的にはできなくなりますが、自動車の車体そのものは物理的には存続することになります。
この手続きの後、ふたたび公道走行をしようとする場合には、あらかじめ運輸支局から渡される「登録識別情報等通知書」などの必要書類とともに、改めて新規登録を申請すれば、ナンバープレートがまた交付されて、走行できるようになります。
いずれの手続きであっても、以後の自動車税は課税されなくなりますし、自賠責保険の保険料を納付する必要もなくなりますが、すでに納付した税金の還付については、「一時」の登録の場合、自動車重量税の還付は受けられません。